『もう一度 神宮へ』

OB会会員の皆様へ

OB会会長 後藤盛次

後藤でございます。
会員の皆様には日頃より甲南大学硬式野球OB会の活動にご理解とご協力を賜り心よりお礼申し上げます。

私、前会長の川畠様の後任として。2年間会長を務めさせていただきました。
大した功績も残せず反省ばかりが残る2年間でしたが、先日開催されました総会に於きまして、再任のご指名を受けました。
甚だ微力ではございますが、引き続きOB会活動の活性化に向けまして、頑張っていく所存でございますので宜しくお願い申し上げます。

さて、OB会の最大の課題は、会費収入の問題でございます。 会員数は毎年大幅に増加し、550名にも至る大所帯になっている一方、会費収入は減少しており、特に若い層からの理解が得られない現状にあります。 現役、監督、コーチへの補助金も十分に行うことが出来ず、大変心苦しい思いを致しております。

今年度は、如何にしてこの問題をクリアーしていくか、役員会で議論を深め、対策を講じていきたいと考えております。
また、OB会役員によります、部員へのコンプライアンス研修、会計指導、優秀な人材確保のためのスカウト面でのサポート等引き続き積極的に取り組んでいくつもりでおります。

現役も4季振りに念願の一部復帰を果たしてくれました。
二部西地区で優勝し、二部東地区優勝校との代表決定戦に勝ち、入替戦に出場、見事連勝で一部復帰を決めてくれました。
OB会として大変嬉しく思っています。
この夏の練習で、もう一度鍛え直し、秋のリーグ戦dの活躍を期待する所であります。

今年度は、役員改選の時期でもありまして、少しメンバーを変更いたしました。
仕事との兼ね合い等も考慮して変更させて頂いたものでございます。

新メンバーで引き続きOB会活動を進めて行きますので、会員の皆様方の従来にも増したご理解とご協力を心よりお願い申し上げご挨拶とさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。